WHO ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
表記
LR-1 大敦 足の第1指(親指)の外側爪甲根部の角を去ること1分。 疝気、遺尿、婦人病(生理不順、生理痛、子宮脱等) 「敦」は肉が敦状(肥厚している様)いう意味。肝経の井穴のため、井戸の水のように経気が尽きることがない状態。
だいとん
LR-2 行間 足の第1指の付け根の関節の外側陥凹部。 頭痛、めまい、小便不利、目赤、胸脇苦満、片麻痺 「行」は通過する意であり、「間」は二つのものに、挟まれた間いう意味。
こうかん
LR-3 太衝 足背にあり、第1・2中足骨底間の前、陥凹部。(第1指と第2指を足背に沿って交わったくぼみ) 頭痛、のぼせ、めまい、不眠症、胸脇苦満、生理不順、生理痛、足背痛、片麻痺 「太」は大きい、「衝」は要衝のこと。肝経の原穴であるから、旺盛な気血が巡る穴なので太衝と呼ばれている。
たいしょう
LR-4 中封 内果(内くるぶし)前1寸、前脛骨筋腱の内側下際(斜め下)の陥凹部。 内果腫痛、足関節障害、泌尿・生殖器系疾患、婦人病、神経衰弱、腹痛 「中」は真ん中、「封」は封鎖される。長母指伸筋と、前??骨筋に挟まれた中央の意味。。
ちゅうほう
LR-5 蠡溝 内果の上5寸、脛骨内側上の陥凹部。 泌尿・生殖器系疾患、婦人病、下腿内側の知覚・運動障害 「蠡」は木のしんを食い荒らす虫、蠡溝は陰部の痒みの特効穴でもあり、虫の這うような痒みに効く溝という意味。
れいこう
LR-6 中都 内果の上7寸、脛骨内側上の陥凹部。 泌尿・生殖器系疾患、婦人病、下腿内側の知覚・運動障害 「中」は中央。「都」=集まるところ。肝経の?穴で肝穴の気血が巡り、ここに集まること。
ちゅうと
LR-7 膝間 膝を伸展し、曲泉の直下で脛骨内側顆の下縁。 膝関節内側の知覚・運動障害、下腿軟弱無力 膝の関節のこと。
しつかん
LR-8 曲泉 膝を深く屈曲し、膝窩横紋(膝を曲げるとできるシワ)の内端。 泌尿・生殖器系疾患、婦人病、盗汗、腹痛、膝関節内側・下腿内側の知覚・運動障害 「曲」は屈曲する。「泉」は湧き出る。曲泉は肝経の合水穴(合水穴=泉にたとえられている)
きょくせん
LR-9 陰包 曲泉と足五里を結ぶ線上、大腿骨内側上顆の上4寸、縫工筋と薄筋肉の間。 泌尿・生殖器系疾患、婦人病 「陰」は足の内側のことで、肝経は足の内側に深く潜行する(=包み込む)ことから。
いんぽう
LR-10 足五里 大腿内側、気衝の外下方3寸、大腿動脈拍動部。 泌尿・生殖器系疾患、婦人病、下腹痛 「里」=寸、集まることろ、村という意味もある。脾経の箕門の上5寸(=5里)からきている。
あしごり
LR-11 陰廉 大腿内側、気衝の外下方2寸、大腿動脈拍動部。 泌尿・生殖器系疾患、婦人病、下腹痛 足の内側で「陰」、「廉」は辺縁。股関節の内側にあるから。
いんれん
LR-12 急脈 曲骨の外2寸5分、陰毛の際。 泌尿・生殖器系疾患、婦人病、下腹痛、疝気 脈が急速なこと。鼠径部の動脈拍動部にあるので。
きゅうみゃく
LR-13 章門 第11肋骨前端下際に取る。 腹痛、腹張、腸鳴、下痢、胸脇苦満、消化不良 「章」は明らかの意。八会穴の臓会で、脾経の募穴なので、脾の栄養を受けているため、五臓の疾患を治す効果が明らかという意味。
しょうもん
LR-14 期門 第9肋軟骨付着部の下際。 腹痛、腹張、腸鳴、下痢、胸脇苦満、消化不良 「期」=一周すること。肺経の中府から始まる気血が十二経すべてを巡り、期門が終点となるため。
きもん