WHO ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
表記
TE-1 関衝 薬指尺側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分に取る。 尺骨神経麻痺、頭痛、耳鳴り、咽頭炎、発熱、熱中症、失神 「関」=関所、出入口のこと。「衝」=要衝。経気がもっとも盛んなところで、気血が旺盛なことを指している。
かんしょう
TE-2 液門 手背にあり、第4中手指節関節の下、尺側に取る。 尺骨神経麻痺、手の麻痺、頭痛、頚腕障害、耳鳴り、咽頭炎 「液」は水液。「門」は出入りする門戸の意味。三焦経は水液代謝の通路で、本穴から水気が出入りしていることから。
えきもん
TE-3 中渚 手背にあり、第4中手指節関節の上、尺側に取る。 、手指手背腫痛・麻痺、頭痛、耳鳴り、咽頭炎 「渚」は水に浮かぶ小さな島や中州。本穴は兪穴であり、経気が流れ、ここに溜まるさまが、渚に似ているため。
ちゅうしょ
TE-4 陽池 手関節後面横紋のほぼ中央にあり、総指伸筋腱と小指伸筋腱の間に取る。 眼の疾患、耳鳴り、手関節障害、頚腕障害 手背側を「陽」とし、本穴が陽経に属することを示す。「池」は陥凹をのことで池の形ににていることから。
ようち
TE-5 外関 陽池の上2寸、総指伸筋腱と小指伸筋腱の間に取る。 手関節障害、頚腕障害、頭痛、耳鳴り、手の振戦 前腕の「外」。手根部から上ってこのツボまでの様子がちょうど「関」門のようでもあるから。
がいかん
TE-6 支溝 陽池と肘頭とを結ぶ線を4等分し、陽池から4分の1のところに取る。 耳鳴り、構音障害、胸脇苦満、便秘、発熱、前腕伸筋の知覚・運動障害 「支」は肢に通じ、狭いところを「溝」という。本穴は、前腕の骨と筋に雅まれたところにあるため。
しこう
TE-7 会宗 支溝穴の尺側1寸で、小指伸筋腱と尺側手根伸筋腱の間に取る。 耳鳴り、前腕伸筋の知覚・運動障害 「「会」は会合する、「宗」も集まるいう意味。経気が集まるところとなので会宗と呼ばれている。
えそう
TE-8 三陽絡 陽池と肘頭とを結ぶ線を3等分し、陽池から3分の1のところに取る。 耳鳴り、難聴、構音障害、歯痛、前腕伸筋の知覚・運動障害 「三陽」=手三陽経。「絡」=連絡の意味。太陽経、少陽経、陽明経にの三つの陽経が連絡する交会穴のため。
さんようらく
TE-9 四トク 陽池と肘頭とを結ぶ線の中点の上方1寸(親指1横指分)に取る。 耳鳴り、難聴、構音障害、歯痛、前腕伸筋の知覚・運動障害 「トク」は大川のこと。昔は長江・黄河・准河・濟水の四?と呼んでいた。三焦経は水道を主ることからこの名がついた。
しとく
TE-10 天井 肘頭の上方1寸(親指1横指分)で、肘関節をやや屈曲したときにできる陥凹部に取る。 頭痛、耳鳴り、胸胸苦満、肘関節障害、上肢痛 「天」=上半身。「井」=陥凹。本穴は肘の後ろで肘を屈曲したときにできる陥凹部にあり、経気が深部に集まるところのため。
てんせい
TE-11 清冷淵 肘頭から肩?穴に向かい上2寸に取る 頭痛、上肢痛 「清」は清涼、「冷」は寒冷、「淵」は水を深くたたえているところ。参照に停滞した熱を除去する効果があるため。
せいれいえん
TE-12 消レキ 臑会穴と清冷淵穴の中央に取る。 頭痛、項強、上肢痛、肩背痛 「消」は消去、「レキ」は熱が津液を傷めるという意味。消渇病を治す効力がある。
しょうれき
TE-13 臑会 肩リョウ穴から肘頭に向かい下3寸に取る。 頭痛、項強、上肢痛、肩背痛 上腕を「臑」といい、「会」は本穴が交会穴で三焦経と陽維脈の会うところであるため。
じゅえ
TE-14 肩リョウ 患者の上肢を水平に持ちあげ、肩関節部の前後に現れる凹みのうち、後ろの凹みに取る。 肩関節・肩関節周囲軟部組織障害、五十肩、片麻痺 「肩」は肩端や肩関節の部位を指し、「リョウ」は骨突起の辺縁・骨の窪みという意味から。
けんりょう
TE-15 天リョウ 肩甲骨上角の外上方で肩井穴を曲垣穴の中間に取る。 肩こり、肩背痛、項強 「天」は人体の上部でここでは肩甲骨の上部。「リョウ」は骨の間に挟まれた窪みという意味。
てんりょう
TE-16 天ユウ 乳様突起の後下方で、胸鎖乳突筋の後縁に取る。 肩こり、肩関節・肩関節周囲軟部組織障害 「天」は、ここでは頭項部のこと。「ユウ」は窓。頭部に竅があるように見えるため名付けられた。
てんゆう
TE-17 翳風 耳垂の後方で、乳様突起と下顎枝の間、陥凹部に取る。 顔面神経麻痺、聴覚神経障害、顎関節障害、歯痛、寝違え 「翳」は羽毛でできた扇子、隠すことで、扇子の形が耳に似ていて耳たぶの隠れた陥凹部。「風」は風池同様、風証を治す作用があるため。三焦経・胆経の交会穴。
えいふう
TE-18   角孫穴と翳風穴の間を3等分し、下から1/3のところで、乳様突起の前、陥凹部に取る。 頭痛、耳鳴り 「ケイ」はひきつけ・痙攣の意味。「脈」は絡脈のこと。耳後浅静脈の上にあり、小児の痙攣・ひきつけなどを治すことができるため。
けいみゃく
TE-19 顱息 角孫穴と?脈穴の中間、陥凹部に取る。 頭痛、耳鳴り 「顱」=頭、「息」=休息。睡眠時(休息)に枕がここに当たることから。
ろそく
TE-20 角孫 耳を前に折り、その上角に当たるところで耳輪の直上髪際に取る。 頭痛、耳鳴り、眼の疾患、歯痛 「角」はかど・突端を指し、「孫」は孫脈、絡脈の分枝を指す。耳尖(耳の突端)に位置するため。
かくそん
TE-21 耳門 耳珠の前上方で珠上結節の前、陥凹部に取る。 耳鳴り、歯痛 「門」=経気の出入りするところ。耳の前の陥凹部にあり、耳疾患を治すため、耳の門戸という意味で名づけられた。
じもん
TE-22 和リョウ 頬骨弓後端の上際で、動脈拍動部に取る。 耳鳴り、頭痛、歯痛 「和」は調和する。「リョウ」は骨突起の辺縁・骨の窪みという意味。聴力を調和するという意味。
わりょう
TE-23 絲竹空 眉毛外端の陥凹部に取る。 眼の疾患、頭痛、歯痛、眼瞼痙攣 「糸竹」は細い竹葉のことで、ここでは眉毛を指す。「空」は窪んだところ。眉の外端の陥凹部にあり、糸竹に似ているため。
しちくくう