WHO ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
表記
LU-1 中府 雲門穴の下1寸(約3cm)。 呼吸系、咽喉炎、胸郭出口症候群。 「府」は経気が集まるという意味。
ちゅうふ
LU-2 云門 鎖骨下窩にあり、烏口突起の内縁、腋窩動脈拍動部。 咳、胸郭出口症候群、肋間神経痛。 気が雲と例え、雲の門で気が出るところ。
うんもん
LU-3 天府 腋窩横紋前端から肘に向かい下3寸(9cm)。 喘息、気管支炎、上腕のだるさ。 天は上部の意味で気が肺の上部に集まること。 。
てんぷ
LU-4 侠白 上腕の内側にある、天府から一寸。 気管支喘息、咳、上腕の痛みと痺れ。 「侠」は「挟む」の意味で、白は肺に属し、上腕で肺を挟む。
きょうはく
LU-5 尺沢 肘窩横紋上で、上腕二頭筋腱の親指側に取る。 喉が痛い、喘息、テニス肘、橈骨神経障害。 昔は前腕は尺という、「沢」は水の集まるところ。肺の水合穴。
しゃくたく
LU-6 孔最 尺沢と太淵を結ぶ線上で肘から手首への10分の3のところ。 喘息、痔、気管支炎、橈骨神経痛。 「孔」は空の意味で「最」集まるという。経気が集まるところ。
こうさい
LU-7 列欠 太淵の上1寸5分、橈骨茎状突起の上に取る。 頭項痛、偏頭痛、寝違え、三叉神経痛、顔面麻痺。 肺経の絡穴で、肺経の枝から分れて「陽明」へという意味。
れっけつ
LU-8 経渠 太淵穴の上1寸、橈骨動脈拍動部。 喘息、発熱、無汗、腱鞘炎、手首が痛い。 「経」は通路で「渠」は水渠の意味、気をここに注ぐ。
けいきょ
LU-9 太淵 手首前面横紋の親指側の陥凹部、橈骨動脈拍動部。 風邪、発熱、咽喉炎、胸背痛、腱鞘炎、腕関節障害。 肺経の原穴で脈はここで集まるところ。「太」非常に「淵」は深い意味。
たいえん
LU-10 魚際 第1中手指節関節の上、手掌と手背皮膚の境に取る。 喘息、発熱、無汗、咽喉炎、母指球筋の知覚・運動障害。 母指球筋を魚腹に例え、本穴はその筋縁に取ることから名づけられた。
ぎょさい
LU-11 少商 母指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分(約3mm)。 咽喉炎、扁桃体炎、嗄声、咳嗽、喘息、失神。 末端は「少」という、「商」は五音の肺に金に属く。金気の止まるところ。
しょうしょう