WHO ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
表記
PC-1 天池 乳中穴の外1寸で第4肋間に取る。 気管支炎、動悸、心胸痛、咳嗽、喘息、肋間神経痛 「天」=身体の上部、「池」は肋間のくぼみのようなところにあるから。
てんち
PC-2 天泉 腋窩横紋の前端から、曲沢穴に向かい下2寸に取る。 心胸痛、動悸、上腕痛、正中神経麻痺 天地から、心包経の気が泉のように流れ入るから。
てんせん
PC-3 曲沢 肘窩横紋上で、上腕二頭筋腱の尺側に取る。 心胸痛、動悸、胃痛、嘔吐、肘関節障害、正中神経麻痺 「曲」=屈曲する、「沢」=潤すこと。つまり、肘部で、気血が筋肉や関節を潤すという意味。
きょくたく
PC-4 げき門 大陵穴から曲沢穴に向かい上5寸に取る。。 心胸痛、動悸、吐血、心疾患、ヒステリー、正中神経麻痺、構音障害 「げき」=隙間、集まるところ。尺骨と橈骨の間という意味と、心包経の気血が一番集まる門戸という意味がある。
げきもん
PC-5 間使 大陵穴から曲沢穴に向かい上3寸に取る。 心胸痛、動悸、不眠、不整脈、心疾患、ヒステリー、正中神経麻痺 「間」=隙間。「使」=命令を受けて使いをすること。
かんし
PC-6 内関 大陵穴から曲沢穴に向かい上2寸に取る。 心胸痛、動悸、寝汗、不整脈、心疾患、嘔吐、胃痛、ヒステリー 絡穴(三焦経に枝分かれする)。つまり、内側の関所。
ないかん
PC-7 大陵 手関節前面横紋の中央に取る。 手関節障害、手掌熱、心痛、動悸、不眠、ヒステリー、胃痛、嘔吐、精神病 「陵」=高くそびえる丘。月状骨の隆起の上方、橈骨との接合部にありため。
だいりょう
PC-8 労宮 手掌、第2,3中手骨間の陥凹部、中手指節関節の近位端の高さ。 手掌熱、正中神経障害、手の知覚・運動障害、心痛、動悸、ヒステリー 「労」=労働、「宮」=要所、宮廷、中心などの意味。手は労働に携わる器官で、掌の中心にあるから。
ろうきゅう
PC-9 中衝 手の第3指、中指末端の中央。 正中神経障害、手の知覚・運動障害、心痛、動悸、ヒステリー、失神、熱中症 「中」=中指、「衝」=要衝、重要な場所。心包経の気血は、中衝から、流れ込むから。
ちゅうしょう