WHO ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
表記
CV-1 会陰 会陰部の中央にある。 排尿障害、痔、月経異常、子宮脱、ED、前立疾患 「会」=会合するところ、「陰」=前陰(生殖器)と後陰(肛門)を指している。二陰の間にあるため、名付けられた。
えいん
CV-2 曲骨 前正中線上で恥骨結合の上際に取る。 排尿障害、月経異常、子宮収縮不全、帯下病、ED、遺精 「曲」=曲がる、「骨」=今でいう恥骨のことを。恥骨の上縁の湾曲したところにあるから。
きょくこつ
CV-3 中極 臍の下4寸に取る。(曲骨穴1寸上) 尿閉、尿漏、頻尿、生理不順、不妊症、ED 「中」は体の上下左右の真ん中、「極」は端。この中に、胞宮や精室があり、膀胱経の募穴なので、生殖器系や泌尿器系に効果が高い。
ちゅうきょく
CV-4 関元 臍の下3寸に取る。 尿閉、尿漏、頻尿、生理不順、生理痛、不妊症、ED、下痢、体力回復 「関」=関所、重要な場所。「元」=元気。元気が生まれるところ。
かんげん
CV-5 石門 臍の下2寸に取る。 小便不利、生理不順、腎炎、下痢、腹痛 「石」は詰まって通らない。「門」っは経気が開合するところ。通りづらいものを通す作用に効果がある。
せきもん
CV-6 気海 臍の下1寸5分に取る。 臍辺りの腹痛、下痢、生理不順、ED、早漏、自律神経失調症 「気」=先天の気、「海」=広く集まるところ。臍下に寒気がたまったり、気の滞る病に作用する。
きかい
CV-7 陰交 臍の下1寸に取る。 臍辺りの腹痛、下痢、生理不順、ED、早漏、自律神経失調症 「交」=交わる。任脈・衝脈・腎経の陰経の三脈が交わる穴という意味。
いんこう
CV-8 神闕 臍の中央に取る。 臍辺りの腹痛、下痢、冷え症、体力回復 「神」は生命。「闕」は宮中の門。臍からへその緒をつたい、胎児は滋養するので、臍は神の気の出入り口という意味。
しんけつ
CV-9 水分 臍の上1寸に取る。 腹脹、腸鳴、、浮腫、水腫、吐き気、胃腸炎 水分穴は小腸の入口にある。小腸は水分と物質に分けるとこなので名がついた。
すいぶん
CV-10 下かん 臍の上2寸に取る。 食後の腹脹、腸鳴、腹痛、吐き気、胃腸炎 「かん」は胃の管全体の意味。下かん穴は下部にある経穴のため。
げかん
CV-11 建里 臍の上3寸に取る。 胃痛、消化不良、胃下垂、胃腸炎 「建」=建ておく、位置する。「里」=居住地、ここでは胃にあたる。胃の通り道の途中に位置することから。
けんり
CV-12 中かん 臍の上4寸に取る。 胃の代表穴。食後腹脹、胃痛、嘔吐、下痢、便秘、食中毒、胃下垂 「中」=中央。「かん」=胃腑。消化管を表わす。胃の中央にあるため。
ちゅうかん
CV-13 上かん 胸骨体下端の下3寸、中かん穴の上1寸に取る。 食後腹脹、胃痛、嘔吐、吐き気、噫気、口臭、吐血、黄疸 胃の上部。噴門部にあるため。
じょうかん
CV-14 巨闕 胸骨体下端の下2寸に取る。 食後腹脹、胃痛、嘔吐、吐き気、噫気、口臭、横隔膜痙攣 「巨」=並はずれて大きいこと。「闕」=宮中。君主。心に近いため、心の募穴である。心は君主。心気が最もたくさん集まるところという意味。
こけつ
CV-15 鳩尾 胸骨体下端の下1寸、神闕穴(臍)上7寸に取る。 動悸、気管支炎、嘔吐、吐き気、噫気、口臭、横隔膜痙攣、肋間神経痛 胸骨の剣上突起が、鳩の尾に似ているため。その真下にある経穴なので名づけられた。
きゅうび
CV-16 中庭 だん中穴の下1寸6分、胸骨体正中線上に取る。 「中」=中央。「庭」=宮殿(君主)の庭園。?中の下(宮殿の下)にあるから。 「曲」=曲がる、「骨」=今でいう恥骨のことを。恥骨の上縁の湾曲したところにあるから。
ちゅうてい
CV-17 だん中 両乳頭を結ぶ線が、胸骨帯正中線上に取る。 胸焼け、心胸痛、動悸、咳嗽、喘息、嘔吐、げっぷ、肋間神経痛 だん中は君主の宮城なりと言われている。心の周囲に心包が囲み、心の代わりに命令を受け、胸膜(=宮城)にあるため。
だんちゅう
CV-18 玉堂 左右第3肋骨の高さで、胸骨帯正中線上に取る。 咳嗽、喘息、心胸痛、動悸、嘔吐 「玉」=高貴なもの。「堂」=前堂。宮殿の前にある建物。?中(=宮殿)」の前にあるため。この名が付いた。
ぎょくどう
CV-19 紫宮 左右第2肋骨の高さで、胸骨帯正中線上に取る。 咳嗽、喘息、心胸痛、動悸、嘔吐 「紫」=赤。「宮」=中央。任脈はここに至って、心に会合し、血脈(=赤色)を主るため。
しきゅう
CV-20 華蓋 天突穴の下2寸、胸骨角上際正中線上に取る。 咳嗽、喘息、心胸痛、咽頭痛 華蓋は帝王の車の上に付いている絹の傘のこと。肺は臓腑の中で一番高いところにあり、心(君主)や臓腑を守っていることから、こう呼ばれた。また、肺の別名も華蓋である。
かがい
CV-21 せんき 天突穴の下1寸、胸骨柄正中線上に取る。 咽頭炎、咳嗽、喘息、扁桃炎 「せん」と「き」は北斗七星の星のひとつ。北斗七星が天を動くように、せんきも体の動きにあわせて、動くことから名づけられた。
せんき
CV-22 廉泉 咽頭隆起上際で舌骨との間に取る。 舌炎、気管支炎、喘息、咽頭炎、言語障害、舌知覚・運動麻痺 「曲」=曲がる、「骨」=今でいう恥骨のことを。恥骨の上縁の湾曲したところにあるから。
れんせん
CV-24 承漿 オトガイ唇溝の正中に取る。 顔面神経麻痺、三叉神経痛、下歯痛、顔面浮腫 「承」は受けること。「漿」は涎(よだれ)。下歯茎の中央にあるため。溢れ出る涎を受け止める器のようなことから。
しょうしょう