男性前立腺の説明 前立腺マッサージ

前立腺マッサージ
イメージ動画
zennritusen.mp4
MP4動画/オーディオファイル 2.3 MB

 ★解説
男性特有の器官で、膀胱に隣接して、尿管を取り巻くように位置する。
乳白色の液を分泌する。前立腺が肥大すると、尿管を圧迫して排尿機能に悪影響が現れる。

★年齢別の前立腺肥大率
50歳代   40%は前立腺肥大
60歳過ぎ  半数以上が夜間頻尿と尿の勢いの低下を感じる
80歳で   80%以上が前立腺肥大症
  
★自覚現象
40才前後になり「排尿の勢い低下、尿線が細くなった」と自覚。
  
◆個人差について
人は、個人的な特性を持っております。
性格や肌、頭髪が違うように、骨格や体質も異なるのです。

最も大きな違いを現わす要因は、水分摂取量と食事の内容です。
細胞のしなやかさ、柔軟性、肌のコンディションに現れます。
前立腺も細胞の集合体ですから、お肌の状態と類似とお察し下さい。

乾燥体質、低体温、痔になり易い、吹き出物が多い、肌が黒ずんでいる、肌が浅黒い…など。
体に現れている。

◇原因
原因は複合的な要因があるようです。
科学的な見解は見当たりません。
生活習慣病の一種だと、思われますね。

男の背中凝り

仕事柄デスクワークが多く、また夢中になると姿勢が乱れたまま作業を続けられているようでした。カイロプラクティックアジャストメントで症状は改善されますが、その後どのようにして良い状態を維持するかが重要でした。座り方などの姿勢指導と共に水泳を取り入れ日々の疲れを運動によって軽減させる形が出来タラいいと思います。

男性仙骨

脊髄中枢は仙髄にあり、陰茎の勃起作用に大きく関係するので、
勃起神経とも呼称される。
機能的にほかに泌尿器で排尿神経、消化器で排便神経としても知られています。
仙骨はあまり意識しない骨ですが、骨盤には大事な中心的存在です。

男性リンパの流れ

リンパは静脈に取り込まれなかったあふれた分の老廃物を代わって運搬する働きをもっています。
そして老廃物をきれいにしながら再び静脈に戻します。
また、細菌などから体を守る免疫機能の働きもあります。
リンパ節がフィルターとなって老廃物や細菌をカバーし風邪や病気にならないようにしています。
リンパの流れや調子が悪いと体にも影響するのでリンパマッサージなどによりをよくすることで改善されたりします。

男性神経性頻尿

ストレスや不安など心因性のものが原因になって頻尿が起こることがあります。
神経性頻尿とよばれるもので、特徴として寝ている間の頻尿である夜間頻尿が起こらないことや、
リラックスしている状態では頻尿が起こらないことなどが挙げられます。
例えば重要な会議や面接、試験、大勢の前で何かを発表する時など緊張する場面。
誰しも経験があると思うのですが、こういった場面ではトイレが近くなりますね
。 それと同時に緊張がほぐれると頻尿からも解放されます。
心理的な要素やストレスなどが頻尿の引き金になることがあるのです。
神経性の頻尿は上記の様に一過性で終わることがほとんどなのですが
、 こういったことやなにかしらの大きなストレスなど、
心理的なものが引き金になり、その後も続いてしまうこともあります
。 神経性頻尿かほかの原因による頻尿なのか判断なのですが、
先に書いたようにリラックスした状態や就寝時の頻尿がおこなければ、
神経性頻尿と判断ができます。(もちろん検査しないと絶対そうであるとはいいきれませんが・・・)
重要な会議中や試験の最中などにトイレに行きたくなると、
我慢するのはとても大変です。
大切な会議や試験なのに集中できなくなってしまいます。
神経性頻尿であれば、まずそれを自覚し排尿を気にし過ぎないことが一番の対策になります。
とはいっても、それができないので悩まれる方も多いのが現実です。

男性心因性ED ツボ刺激

夜間陰茎勃起現象年齢によっても違ってくるので絶対ではありませんが、夜間も勃起現象がない場合は、勃起に必要な肉体的メカニズムに何かしらの問題が起きていると考えられるのだとか。一方、夜間は勃起しているのに、性的な興奮で勃起が起こらない場合は、心因性EDの疑いが考えられるとのこと。肉体的には問題がないので、心理面、精神面でのケアが重要であり、早期の対応が望ましいとのことです。
マッサージなどで肉体的・精神的にリラックスすることは重要です。
即効性は人それぞれですのであせらないことも重要です。